1歳の教育

1歳のおもちゃの量に正解はある!?量より重視すべき3つのポイント

量が多いおもちゃ

こんにちは、はっぴぃ♡です😊

 

 

1歳前後のお子さんがいらっしゃるパパやママにさっそく質問があるんですが、ご自宅にどれくらいの量のおもちゃがありますか?

 

 

3個?
10個くらい?

 

 

もしかすると小さいものも含めると20個以上のおもちゃをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
1歳くらいの子供だったら、何個くらいのおもちゃを持っているのがベストなんだろう?

 

 

今回の記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています!👇

 

この記事はこんな方におすすめ!
  • 持っているおもちゃが多すぎたり少なすぎたりすると何となく子供にとってあまり良くない気がするんだけど、1歳前後の子供にはどれくらいの量のどんなおもちゃがあれば正解なのか知りたい!
  • 子供に理想的なおもちゃの与え方を知りたい!

 

 

実は、子供に与えるおもちゃの数は「何個だから正解!」という具体的な個数は特にないんです。

 

 

だけどもちろん、やみくもに子供にたくさんのおもちゃを与えるのも良くありませんし、あまりにも少なすぎるのも子供の発育によくありません。

 

 

これについての具体的な説明や理由は、記事内で詳しく解説しています。

 

 

そしてこの記事では、「それじゃぁ、どうすればいいのよ!?」という観点から次のことも書いています👇

 

  • 持っているおもちゃの「量」よりも重視すべき、子供のためになるおもちゃ選び ”3つの大切なポイント”
  • 良い知育玩具も遊びに取り入れるための理想的な2つの方法

 

さくっと読めちゃう記事なので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね♪

 

1歳頃の子供にはどれくらいの量のおもちゃが適正か

カートにたくさん入っているおもちゃ

子供が生まれて1年前後もたつと、家にはたくさんのおもちゃが増えてきているという方が多いと思います。

 

 

逆に「あれ?もしかしてウチ、おもちゃ少なすぎる…?」と少し不安になって、周りにいる同じ月齢くらいの子のママたちはどれくらいの量のおもちゃを持っているのかを気になっているママもいらっしゃると思います。

 

 

ここでは、「持っているおもちゃの数」に関する疑問点を解決していきましょう!

 

〇個が正解という具体的な個数はない!でも…

冒頭でもお伝えした通り、1歳前後の子供だったら〇個のおもちゃを持っているのが適正!というような具体的な個数はありません。

 

 

1個しか持ってない…のはさすがに少なすぎますし、40個も50個もあるよ!なんていうお家は買いすぎですが💦

 

 

ある程度の個数のおもちゃを持っていれば、あとは「量」ではなくその「内容」が肝心なんです。

 

 

なので、「持っているおもちゃの量」で周りと比べる必要は全くありませんので安心してくださいね!

 

おもちゃをやみくもにたくさん与えすぎると子供にとって良くない理由

持っている個数はあまり関係ないとは言ったものの、子供が興味を示すからといって何でもかんでも子供に要求されるがまま新しいおもちゃを次々と買い与えるのは良くありません。

 

その理由は、大きく2つあります👇

 

  • 子供が「すぐに新しいのを買ってもらえるんだ♪」という考え方が知らず知らずのうちに身についてしまい、ひとつひとつのおもちゃをじっくり大切に遊ばなくなったり、物を大切にしなくなったりする
  • 部屋がおもちゃであふれてごちゃごちゃしすぎていると、小さい子供には片づけるのが難しく、お片付けという概念や習慣が身につきにくい

 

子供の為を想っておもちゃを買ってあげているのに、逆に子供にとってはマイナスになる可能性があることを知っておきましょう。

 

おもちゃが少なすぎても子供にとって良くない理由

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
逆に、おもちゃの量が少なすぎたらどうなるんだろう…??

 

子供にとっては、おもちゃは成長にかかせない存在です。

 

 

子供は、おもちゃの感触や音や動き・色や形の認識や識別・指先や足を含む全身の運動など、ありとあらゆることから脳が刺激を受けて成長、発達していきます。

 

 

せっかく子供は柔軟なピカピカの脳を持っているのに、もしもたった一つしかおもちゃを持っていない…なら、子供の成長に必要な環境を与えてあげないことになってしまってすごくもったいないですよね。

 

 

この記事をすでにここまで読んでくださっている方は子供の成長に対する意識も高いママだと思うので、次にお話するポイントを読んでから子供におもちゃを用意してあげてくださいね♪

 

おもちゃの量よりも重視すべき3つのポイント!

大切な我が子の為になる、おもちゃの量よりも大切な3つのポイントを次に見ていきましょう♪

 

同じ遊び方のおもちゃ10個よりも…

同じような遊び方になるおもちゃを10個持っている場合と、全然違う遊び方をするおもちゃを5個もっている場合では、どちらの方が良いと思いますか?

 

 

これは簡単だと思いますが、断然、違う遊び方をするおもちゃを5個持っている方が良いですよね!

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
新しいおもちゃを購入するときなど、ちょっと家のおもちゃを思い出して意識してみよう。

 

月齢に合ったおもちゃかどうか

これは、子供がおもちゃで遊ぶときにかなり大事なポイントになります💡

 

持っているおもちゃやこれから購入しようとしているおもちゃが、子供の月齢や発達に合っているものかどうか

 

 

年齢の高い子供に赤ちゃん用のおもちゃで遊ばせても良い刺激がなく楽しくないですし、子供の月齢と比べて対象年齢の高すぎるおもちゃを与えても、子供が自分の力で考えて遊ぼうとすることができず無意味になってしまいます。

 

良質な知育玩具もいくつか取り入れて

私は、自宅で遊ばせるおもちゃのいくつかには良質な知育玩具を取り入れてあげることが望ましいと考えています。

 

 

持っているおもちゃ全てが知育玩具である必要はないけれど、やっぱり良い知育玩具には子供の豊かな成長につながる刺激がたくさんあります!

 

 

  • 子供の目がキラキラしだして集中している
  • 考える力が自然に養われる
  • 豊かな発想力を育てる

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
良いおもちゃでの遊びを通して、楽しい!って感じながら子供がグングン成長していってくれたら、すごく嬉しいな!

 

良質な知育玩具はとにかく高い!どう与えるのが理想的?

おもちゃで遊ぶ1歳児

そうは言っても、良質な知育玩具って…やっぱり高いです💦

 

 

天然素材であることや本物の感触などにこだわっていれば材料から違いますし、研究に研究を重ねて開発された良質で評価の高いおもちゃというのは、開発までにすでに莫大な費用がかかっています。

 

 

さらに世の中には数えきれないほどのおもちゃと知育玩具が売られているので、実際に我が子の月齢や発達に合っていてさらに夢中になってくれそうなのは一体どれなのか!?どのタイミングでどれくらい買ってあげれば良いのか!?と迷ってしまうこともしばしば。

 

 

そんなママにはきっとヒントになるお話しをしていきます!

 

①イベントごとに買い足すなどのルールを決める

各家庭によっていろいろなお祝いの仕方はありますが、1年の間にだいたいこのようなイベントがありますよね。

 

  • お誕生日
  • お正月
  • 子供の日
  • クリスマス

 

 

例えばこのうちの数回に、そのときの我が子の月齢や成長にぴったり合った良い知育玩具を買ってあげる!というのはどうでしょうか?

 

 

年に2~3回程度なら、事前にしっかり調べて納得して購入すれば高価なおもちゃもムダにはなりません。

 

 

やみくもに買い与えない分、私たち親もしっかり考えて時間に余裕を持って子供のためにおもちゃを選んであげることができますよね♪

 

②トイサブ!を利用する

こちらは私が特におすすめする方法なんですが、子供に与えるおもちゃの悩みを全て解決しれくれるのが、おもちゃレンタルの「トイサブ!」というサービスです♡

 

 

トイサブ!についてざっくりまとめるとこんな感じです👇

  • 月額決まった金額をお支払い
  • 2ヶ月ごとに新しいおもちゃが届く
  • 毎回「6点」のちょうどいい量、遊び方のバランスが取れたおもちゃが届く
  • 我が子の「月齢」「発達」に今まさにぴったりの「家にあるのとかぶらない」おもちゃを毎回「プロ」が選んでくれるから、とにかく安心♪
  • 有名メーカーの知育玩具がたくさん!
  • 延長や購入制度もあり

 

 

実は、”これからの新しいおもちゃの在り方”として、すごく人気が高まってきているんです。

 

気になる方は、トイサブ!のサイトを見てみましょう👇

(スポンサードリンク)

 

もっと詳しくトイサブ!について知りたい方は、こちらの記事をどうぞ👇

おもちゃレンタル「トイサブ!」についての画像
もう迷わない!我が子に「今」最適なおもちゃのレンタルならトイサブ!子供がすぐにおもちゃに飽きてしまう…子供の”為になる”おもちゃ選びがよくわからない…そんなお悩みママはぜひ読んで下さい!大人気のおもちゃレンタル「トイサブ!」について詳しくご紹介しています。...

 

まとめ

今回は、1歳前後の子供にはどれくらいの量のおもちゃを持っているのが適正なのか?という疑問を持つママに向けて、このような内容で書きました。

 

  1. 具体的に「何個」が正解というわけではない
  2. 子供の成長の為には、おもちゃの「量」よりも「内容」が大事
  3. 大事な「内容」3つのポイント
  4. 数個は取り入れてあげたい知育玩具の理想的な与え方

 

 

これからはおもちゃの量はあまり気にせず、ママ自身が正しいと思う方法、内容で子供におもちゃを与えてあげてくださいね♪

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました😊