0歳の育児

赤ちゃんを春の肌荒れから守る!3つの対策と初めて知る重要ポイント

女の子と赤ちゃんの春のおでかけの様子

こんにちは、はっぴぃ♡です😊

 

 

小さい赤ちゃん(0ヶ月~1歳代くらい)をお持ちのママ、今現在の赤ちゃんのお肌の調子はどうですか?

 

 

寒い冬が終わってポカポカする日が増えてくると、赤ちゃんとのお散歩や外出が楽しくなってくるのと同時に心配になってくるのが春の肌荒れです。

 

 

赤ちゃんの春の肌荒れには、冬の乾燥による肌荒れとはまた少し違った原因がひそんでいるんです。

 

 

この記事はこんな方におすすめ!
  • 春になって以前より赤ちゃんの肌荒れが目立つようになってきた
  • 乾燥肌になりやすい冬は終わってもう春になったのに、赤ちゃんの肌荒れがまだ治らないので原因を知りたい
  • 春になってお出かけもできる月齢になってきた赤ちゃんが肌荒れを起こさないか心配している

 

 

この記事を読むことで、春に起きやすい肌荒れから赤ちゃんを守ってあげるための3つの予防と対策についてしっかりと確認することができます。

 

 

✅赤ちゃんを春の肌荒れから守る3つの予防と対策

  • 春の寒暖差に対応できる洋服
  • 優しく石鹸で汚れを落とす
  • スキンケアの意味

 

この3つの予防と対策について、それぞれ詳しい解説を記事内で確認しましょう。

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
記事の一番最後では、不安定になりやすい春の赤ちゃんのお肌にもピッタリな、保湿だけじゃない重要なバリア機能を持った赤ちゃん用のスキンケア用品をご紹介しています💛

 

 

春に起きやすい赤ちゃんの肌荒れの原因トップ3

赤ちゃんのお肌は大人と比べてもともと敏感でお肌トラブルが起こりやすいというのは、多くのママがすでにご存知ですよね。

 

 

実は赤ちゃんのお肌の薄さは大人の半分くらいといわれていて、外部からの刺激にとても弱くなっています。

 

 

そんな赤ちゃんの肌荒れの原因はさまざまなんですが、まずは「春」特有の原因を3つ把握しておきましょう!

 

花粉やPM2.5

春といえば、花粉やPM2.5などの空気中の細かい物質ですよね💦

 

 

それぞれの物質ひとつひとつは小さくて目にはほとんど見えませんが、拡大してみるとトゲトゲブツブツしていたり汚れていたりするので、お肌への刺激がすごく強いです。

 

 

春には大人でも花粉などで肌荒れを起こす人が多いですよね。

 

 

これらの物質は、赤ちゃんの敏感なお肌にも大量に降り注ぎ、チクチク・ムズムズしてこすってしまったり、赤く炎症になってしまったりといった原因になります。

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
外出すると、顔全体で粉をかぶったように一気に粉っぽくなる…とにかく不快…そんな汚染物質は赤ちゃんの繊細なお肌にも大敵!

 

赤ちゃんの月齢によるもの

生まれたばかりの赤ちゃんは月齢と共に急成長して、お肌の状態もどんどん変化していきます。

 

 

同じ赤ちゃんでも月齢が数ヶ月違うだけでお肌の様子に差が出てきて、それが肌荒れの原因になっていることもあるので、まずは月齢ごとに春のお肌の様子を確認しましょう!

 

0ヶ月~3ヶ月ごろ

生まれたばかりの赤ちゃんは乾燥しやすいのに皮脂分泌がとても多いので、お肌のケアが難しい時期です。

 

 

バリア機能も特に弱くて脂漏性湿疹などがでやすい時期なので、顔が真っ赤で炎症を起こすことが多いのが特徴です。

 

3ヶ月~5ヶ月

赤ちゃんは生後3ヶ月頃になってくると今後は一気に皮脂分泌が少なくなって、急激に乾燥が進みます。

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
肌質が急に変わってびっくり💦💦

 

 

特に乾燥が原因となっている肌荒れが多い時期です。

 

6ヶ月~9ヶ月

生後半年をすぎると、生まれるときにママからもらっていた免疫が急激に低下していきます。

 

 

運動量が増えてきて汗もかきやすいことに加え、乾燥しやすい敏感なお肌は運動による衣服や物にこすれることによって刺激を受けることが多くなってきます。

 

10ヶ月~1歳代くらい

離乳食が口の周りにつきやすく、バリア機能も低下してくる時期なのでまだまだお肌はすごく敏感です。

 

 

外出と運動量がますます増えてくる頃なので、今までよりも紫外線に多く浴びることが増えてきます。

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
離乳食の手づかみやスプーンによる「自分で」食べることが増えてくると、もう顔も手も髪の毛までベッタベタ…それも肌荒れの大きな原因だよね。

 

春の心地よい気候はお肌トラブルの元

暖かくて気持ちがいいのでたくさん外出したくなっちゃうけど、赤ちゃんが春に肌荒れを起こすもう1つの大きな原因は春のポカポカ陽気なんです…

 

 

春のポカポカ陽気は…
  • 紫外線が一気に増加!
  • 日中の気温上昇で湿度が急激に下がる…湿度が真冬以下になって空気が乾燥。
  • 朝晩の冷え込み日中の汗ばむ寒暖差がお肌に刺激を与える

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
春って肌荒れの原因ばっかりやん…😰💦

 

 

でも大丈夫!!

 

 

過剰に心配しすぎて家にこもるのではなく、予防と対策でしっかり赤ちゃんを守ってあげれば快適に外出できますよ♪

 

赤ちゃんの春の肌荒れ予防と対策はこの3つ!

赤ちゃんを春の肌荒れから守るためにはいくつかのポイントをおさせておけば良いので、過剰に心配しるぎることはありませんよ👌

 

 

  • 服装
  • 入浴
  • スキンケア

 

この3つについて、大事なポイントを順番に見ていきましょう!

 

寒暖差を調節できる服装

春は、晴れの日の日中にはポカポカとして少し汗ばむほど暖かいときもありますが、夕方になってきて日が落ちてくると一変してまだ冬かと思ってしまうほどに寒くなったりますよね。

 

 

朝出かけるときに赤ちゃんにちょうど良い服装を着せてそのまま1日を過ごしてしまうと、昼間には着せすぎとなってしまい、ママが気が付かないうちにたくさん汗をかいてそれがお肌への刺激になってしまうことがあります。

 

 

そこで、寒暖差をうまく調整できる服装にしてあげましょう。

 

 

「通常の服装+上着」でも良いですが、もっと理想的なのは3段階で調整できる服装です。

 

 

例えば…💡

 

<月齢の小さい赤ちゃんの場合>

朝晩は、肌着+ロンパース+ベスト+ひざ掛け(おくるみ)

 

日中気温が上がるにつれて、ひざ掛けまたはひざ掛けとベストを脱ぐなどして3段階調整

 

<ロンパース卒業後の上半身>

朝晩は、肌着+Tシャツorカッターシャツ+ベストorカーディガン+ジャンパー

 

日中気温が上がるにつれて、ジャンパーまたはジャンパーとベストorカーディガンを脱ぐなどして3段階調整

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
暑い、寒いをうまく伝えられない赤ちゃんだからこそ、ママがこまめに気が付いて調整してあげてね♪

 

石鹸で空気中の汚れを洗い落とす

気持ちの良いお散歩や、たくさん遊び回った後の赤ちゃんの顔や身体には、びっしりと花粉やPM2.5などがついています。

 

 

そこで大切になってくるのが入浴なんですが、汚れを落とそうと思って赤ちゃんの身体を石鹸でゴシゴシ洗うのはダメですよ!

 

 

敏感な赤ちゃんのお肌に負担をかけない入浴時のポイントは、これです👇

 

入浴時のポイント
  • 熱すぎない温度で
  • できるだけ短時間で
  • そ~っとそ~っと優しく石鹸で洗ってからよく流す

 

 

これでバッチリです^^👌

 

2つの大切な意味を持つスキンケアは入浴後すぐ!

入浴後は一気にお肌の乾燥が進むときなので、お手持ちのスキンケアですぐに保湿をしてあげてくださいね。

 

 

実はスキンケアをしてあげる意味は、大きく2つあります。

 

  1. お肌のうるおいを保ったり逃がさないようにする
  2. 外部からの刺激をシャットアウト=バリア機能

 

 

①の保湿のについてはみなさんご存知だと思いますが、春は①に加えて②のバリア機能もとても重要になってくるんです。

 

 

スキンケアをお肌に塗ることで表面にバリアが作られると、外からやってきた花粉やPM2.5がそこでブロックされて直接お肌の表面に刺激を与えることを防げますよね。

 

 

これがけっこう大事です!

 

 

つんたん
つんたん
ボクのお肌は、とっても強いバリアーーー!!だぞっ。

 

もっと赤ちゃんを守ってあげたい!春の入浴後におすすめのバリア機能スキンケア

さっきの「赤ちゃんの春の肌荒れ予防と対策」のところでは、しっかりと大事なポイントを確認してもらえたと思います♪

 

 

だけど、今まで「入浴後の保湿」はしっかりと意識していたけど、「お肌のバリア機能」までは知らなかったり意識していなかった…というママもいらっしゃるかもしれません💦

 

 

春は空気中の汚染物質が多い時期なので、敏感な赤ちゃんのお肌を守ってあげられるよう、この機会にお肌をバリアすることを考えてあげてくださいね。

 

 

そしてそんなママにぜひご紹介したいのが、お肌のバリア機能で特に優秀なスキンケア【ファムズベビー】です。

 

 

ただの保湿ローションやクリームとは全く違う角度から、今まで多くの赤ちゃんのお肌を守ってきました。

 

 

お風呂上がりには赤ちゃんの全身にこのスキンケアを塗って、バリアを作ってあげてくださいね。

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
すでに肌荒れを起こしている赤ちゃんのお肌にも、これから違いを実感したいお肌にも、始めるなら今この季節がぴったりだと思う!

(スポンサードリンク)


 

※今はもう3歳近くになっていますが、上の写真はつんたんが6ヶ月のころの本当の写真です。


まとめ

今回は、このような👇疑問や不安のあるママに向けた記事でした。

 

  • 春になって赤ちゃんの肌荒れが気になる…
  • もう春だから乾燥していないはずなのに、赤ちゃんの肌荒れがまだ治らないのでどうにかしたい!
  • お出かけができる月齢になってきた赤ちゃんが、春の空気で肌荒れを起こさないか心配

 

 

そして赤ちゃんを春の肌荒れから守る、ちょっと新しい大切なポイントを3つお伝えしました!👇

 

  • 3段階の寒暖差調整
  • 敏感なお肌に負担をかけない、短時間の丁寧な入浴
  • スキンケアは保湿+バリア機能

 

できるだけ悩みとは無縁のお肌で、これからの季節たくさん外出したいですね♪

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。