育児

赤ちゃんがハーブティーを飲めるのはいつから?6つの注意点を守る!

いろいろなハーブティー

こんにちは、はっぴぃ♡です😊

 

 

このページを訪れて下さった方の多くは、赤ちゃんにハーブティーを飲ませてあげたいと考えているけれど、赤ちゃんへの影響を心配されているママさんだと思います。

 

 

  • 赤ちゃんにハーブティーを飲ませたいけど…やっぱり危険かな!?
  • ハーブティーを飲ませることで何か赤ちゃんの身体に良くない影響があるのかな…!?

 

 

もしこのような疑問を持たれているのであれば、今後必ず必要となってくる情報なのでぜひこの記事を読み進めていきましょう!

 

 

一般的にハーブティーと言えば大人が飲むことがほとんどで、私なんかも含めて特に女性が愛飲することが多いですが、赤ちゃんに飲ませるとなると心配になってちょっと身構えてしまいますよね?

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
私も最初はそうだったよ~💦
でも、心配なのは正確な情報に今まで出会えていなかったから…。
私はきちんとした知識と情報を得ることで、自信を持って子供に安心安全なハーブティーを飲ませてあげることができるようになったよ♪

 

 

そう、ハーブティーは赤ちゃんに飲ませてあげても大丈夫なんです!!

 

 

ただし飲ませ方を間違えるとハーブティーの恩恵を受けるどころか、赤ちゃんにとって良くない影響を受けることがあり危険です。

 

 

そして安心して赤ちゃんにハーブティーを飲ませてあげるためには、6つの注意点を守っていただく必要があります。

 

 

これから私がこの記事でお伝えすることをしっかり読んでいただくことで、疑問点や赤ちゃんの身体への心配が100%解消されるだけではなく、ママと赤ちゃんとが毎日でも一緒にハーブティーを楽しめるようになっちゃいますよ♪

 

 

この記事では、このように6つの注意点をズバっと回答しています👇

  • 赤ちゃんに初めてとなるハーブを試すとき大切なこと
  • 大人の何倍に薄めるべきか
  • 飲ませる温度はどれくらいか
  • 飲ませてはいけない時と場合
  • 〇〇〇〇〇が入っていないことが大前提
  • 注意書きをよく読む

 

 

記事の最後には、追加情報としてこちらもご紹介しています👇

  • 私が選んだ、赤ちゃんでも飲める体に優しいハーブティー

 

さっそく、赤ちゃんとハーブティーに関する疑問を解決しにいきましょう♪

 

ハーブティーで赤ちゃんに良くない影響が!?まずは3つの可能性を知っておこう

赤ちゃんにハーブティーを飲ませると良くない影響があるかもしれないということを聞いたことがあるママも多いと思いますが、では具体的にどんな影響が出るのでしょうか?

 

 

まずは、これからお伝えする3つの可能性を知っておきましょう。

 

アレルギーの可能性

ハーブティーの材料となるハーブの中にはアレルギー症状を引き起こす種類のものがあるため、何も知らないまま赤ちゃんにハーブティーを与えてしまうのは危険です。

 

 

有名なのはキク科のハーブティーで、キク科のハーブティーを飲むともともと秋に花粉症がある人の症状がひどくなる場合があるのですが、花粉症ではない赤ちゃんでもごくまれに花粉症のような症状(くしゃみ、鼻水、目がかゆい)が出ることがあります。

 

主なキク科のハーブティー
  • カモミール(※)
  • エキナセア
  • カレンデュア

 

 

※有名で人気も高いカモミールティーは、実は赤ちゃんにとってもおすすめのハーブティーの1つで、アレルギー症状が出ることはまれですが後述する注意点を守った上でトライしていただきたいハーブティーです。

 

赤ちゃんの内臓に負担がかかる可能性

2つ目の良くない影響は、赤ちゃんの内臓に負担がかかる可能性があることです。

 

 

それは赤ちゃんが飲んでも良いとされているハーブティーでも起こることがあるんですが、それはどんな場合だと思いますか?💦

 

 

正解は、赤ちゃんに大人と全く同じくらいの濃さや同じくらいの量でハーブティーを飲ませてしまう場合です!

 

 

赤ちゃんは身体が小さいだけではなく内臓も未発達です。

 

 

大人と同じような感覚で赤ちゃんにハーブティーを飲ませてしまうと、一般的に「ハーブティーの効果」と言われるハーブティーの特徴が赤ちゃんに対して強く作用しすぎてしまい、内臓に負担がかかったり赤ちゃんが体調不良になってしまうことがあります。

 

赤ちゃんの成長を妨げる可能性

こちらも必ず事前に知っておいてほしい内容なんですが、ハーブティーは飲ませ方によっては赤ちゃんの成長を妨げる可能性があります。

 

 

基本を思い出していただくとわかるのですが、赤ちゃんの成長にとって何よりも大切なのはミルクや離乳食から栄養を摂ることです。

 

 

もともと身体が小さくてたくさんの量を飲食できないので、ハーブティーをたくさん飲むことで大事なミルクや離乳食が摂れないようなことが起こってしまうと、赤ちゃんにとってはマイナスです。

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
赤ちゃんにとって良いと思っているハーブティーが、飲ませすぎで成長を妨げてしまっては、意味がないしショック💦

 

 

でも、大丈夫😄

 

次にお伝えする注意点を守って飲ませてあげれば全く問題ありません♪

 

これを知ればもう安心!赤ちゃんにハーブティーを飲ませる際の6つの注意点

さきほど3つの良くない影響の可能性についてご紹介しましたが、次はそうならないために知っておきたい注意点をご紹介します。

 

これで安心!の注意点6つを知っておきましょう♪

 

初めてのハーブを試すときに大切なこと

初めてトライするハーブの種類があるときに、大切なことがあります。

 

ハーブティーの中にはアレルギー症状が出る可能性のあるものがあるので、ビクビクしすぎる必要はないですが初めての種類があるときは以下の点を守ってあげてくださいね。

 

初めて飲ませるときは…
  1. 平日の、かかりつけ医が開いている時間帯に試すこと
  2. まずはスプーン1杯程度の量を飲ませてみて、様子を見ること
  3. 万が一、飲ませた後に何か異変に気が付いたら、すぐにかかりつけ医を受診すること

 

まれにアレルギー症状を起こす人がいるカモミールですが、カモミールティーは赤ちゃんに飲ませてあげたいハーブティーの代表的な1つなので、飲ませても良い月齢が来たらぜひ試してあげたいですね♪

 

大人の何倍に薄めるとOK?

小さな赤ちゃんの内臓に負担がかからないように、大人と同じ濃度のままで飲ませることはやめましょう。

 

 

赤ちゃんにハーブティーを飲ませてあげる場合は以下の濃度で薄めてあげると安心ですよ♪

 

大人の〇倍に薄めよう!!
  • 1歳半をすぎていてハーブティーにも慣れている赤ちゃんは、3倍程度
  • 月齢の低い赤ちゃんとハーブティーが初めての赤ちゃんは、5倍程度

 

人肌温度程度まで冷ますことを忘れないで

大人がハーブティーを飲むときは、期待する効果に応じて冷蔵庫で冷やしたり熱々のままカップでいただいたりとそれぞれのハーブの種類に応じて飲みますよね。

 

でも、赤ちゃんに飲ませてあげる場合は食道や胃に負担がかからないように熱々や冷たすぎるものは避けましょう。

 

 

作り置きも良くないので、作ったすぐの熱いハーブティーを薄めて人肌程度の温度にまで冷ましてから飲ませてあげるようにしましょう。

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
ハーブティーに限らず、熱すぎたり冷たすぎたりする飲み物は赤ちゃんにはあげないでね◎

 

食事中や母乳(ミルク)の前、通常の水分補給としてはNG

赤ちゃんの大切な食事(母乳やミルク、離乳食)が十分に摂れないほど影響が出てしまっては成長に必要な栄養補給ができないことがあるので、ミルクや離乳食をあげる直前に飲ませるのは避けましょう。

 

 

赤ちゃんにも良い効果があるのだろうと思って離乳食に毎回利用したり、通常の水分補給の代わりとして1日に何度もハーブティーを飲ませることは、飲ませすぎで逆に赤ちゃんの身体に負担となることがあります。

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
私の場合は、一日に一回子供と一緒にハーブティーを楽しむ時間を決めたり、お風呂上がりや寝る前に水分補給の足しとして一緒にリラックスする時間を設けたりしていたよ♪

 

〇〇〇〇〇が入っていないことを確認して

赤ちゃんに飲ませてあげたいハーブティーがあれば、カフェインが入っていないことを確認しましょう!

 

 

日本では具体的にカフェインの量をこれくらいまでにしなければいけない。という決まりは定められていませんが、カフェインを摂りすぎることでこのような症状が見られるようになります。

 

  • 不眠
  • 頭痛
  • 脱水症状
  • イライラ・動悸
  • 緊張感

 

 

大人だと目覚ましや集中力を高めたいときなどにカフェインを摂ると良い効果が期待できますが、小さな子供、特に赤ちゃんにとってはカフェインは全く良いことはないと考えておきましょう。

 

 

のちほど私がご紹介する5種類のハーブティーには、カフェインは含まれていません。

 

飲んでも良い種類のハーブかな?商品の注意書きをよく読もう

ハーブティーの商品を購入したときは、裏面や注意書きを読むことを忘れないでくださいね。

 

 

ハーブの種類によっては妊婦さんや母乳育児のママ、赤ちゃんが控えた方が良いものが含まれていることがあります。

 

赤ちゃんはハーブティーをいつから飲んで良いの?

ハーブティーを飲む赤ちゃん

さきほどの赤ちゃんにハーブティーを飲ませる際の注意点をきちんと守っていただく前提で、赤ちゃんは一体いつから(何歳から)ハーブティーを飲んでも大丈夫なんでしょうか?

 

ハーブティーを飲んでも良い月齢はズバリ…1歳前後からであれば大丈夫と言われています。

 

 

でももっと低い月齢でも離乳食がしっかりと進んでいる場合には、1歳より少し前(9ヶ月前後)から少しずつトライしてみてもOKなんです♪

 

 

実は、生後6ヶ月前後から赤ちゃんの夜泣きが始まることが多いらしく、だんだん激しくなる夜泣きに悩まされるママが増えてくるのが、生後9ヶ月くらいなんですよね…

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
それぞれの赤ちゃんによるってことだね!

 

赤ちゃんにも安心のハーブティー5種類

ひとくちに「ハーブティー」と言ってしまうと世の中にはハーブがたくさんあるので何百種類ものハーブティがありますが、ここでは赤ちゃんでも飲めて、おすすめの身体に優しいハーブティーを5種類ご紹介します。

 

 

  • ルイボス
  • カモミール
  • キャットニップ
  • ネトル
  • ハニーブッシュ

 

それぞれどんなハーブティーなのか見ていきましょう♪

 

ルイボス

小さな赤ちゃんでも飲めるハーブティーの中で一番一般的で優秀なのがルイボスティーで、実は我が家では家族みんなが飲む常備茶をこのルイボスティーにしているくらいです♪

 

 

すごく栄養価が高くアレルギーの抑制も期待できることから、アレルギー体質(アトピー・花粉症・喘息など)の赤ちゃんにも良いとされ、赤ちゃんをリラックスさせてあげたいときや、夜泣きがひどい赤ちゃんにも飲ませてあげたい種類です。

 

 

妊婦さんや母乳育児中のママにも嬉しい栄養がたくさんで、全体としておすすめNo.1のハーブティーです♪

 

カモミール

カモミールは人気が高いハーブティーの1つで、不眠の改善を期待して夜寝る前に飲む人がとても多いことが特徴です。

 

 

リンゴのような甘い酸っぱい香りがするので、ハーブティーにまだなじみのない初心者の方でも比較的飲みやすいハーブティーです。

 

 

トゲトゲした心を落ち着かせてくれたり、ストレスや不安を減らしたい方やリラックスしたい方におすすめで、赤ちゃんがスヤスヤ眠れるサポートをしてくれるかも♪

 

キャットニップ

キャットニップもリラックス効果があると言われていて、赤ちゃんが深い眠りに入るサポートの役割をしてくれることがあります。

 

 

日本では、商品として売られているのはあまり見かけないかな?という印象です。

 

ネトル

ネトルは美容に気を遣う女性が特に好まれていて、ルイボスティー同様に栄養価がとても高く、妊娠中や母乳育児のママにも良いと言われているハーブティーです。

 

 

アレルギー体質の方が飲むと良いと言われているハーブティーの1つでアトピー持ちの赤ちゃんに良いかもしませんが、ネトル単独で飲むとけっこうクセがあるのでハーブティーを飲み慣れていない赤ちゃんだと「ベーっ」と出してしまうかもしれません。

 

ハニーブッシュ

ハニーブッシュはまだ日本では聞いたことがない人が多いんですが、ビタミンやポリフェノールが豊富に含まれることから、アンチエイジングに期待できるとして海外で一躍有名になったハーブティーです。

 

 

リラックスしたいときにもおすすめで、ハチミツのような甘い香りがするので赤ちゃんにも飲みやすいハーブティーの1つなんです。

 

 

※実際にハチミツが含まれているわけではないので、1歳に満たない赤ちゃんが飲んでも大丈夫です。

 

【まとめ】これからは安心して赤ちゃんにハーブティーを飲ませてあげよう

この記事では、赤ちゃんへのハーブティーの良くない影響について心配されているママに向けて、大切なことや知っておいていただきたいことを書きました。

 

 

今回のポイントをおさらいしておきましょう!

 

  1. 赤ちゃんにハーブティーを飲ませることで考えられる3つの良くない影響を知っておこう
  2. 6つの注意点を守ればもう安心!
  3. 赤ちゃんはハーブティーをいつから飲めるのか
  4. 赤ちゃんもOKの身体に優しいハーブの種類

 

最後に、赤ちゃんにハーブティーを飲ませてあげたいな~♡と思っているママに期間限定のお得なお知らせをしておきます😄

 

 

さきほどご紹介した赤ちゃんにおすすめのハーブが3種類(ルイボス・カモミール・ハニーブッシュ)も含まれていて、ママと赤ちゃんが一緒にハーブティーを楽しめる「すやねむカモミール」というハーブティーについてです。

 

 

私が赤ちゃんに飲ませてあげたいNo.1のハーブティーで、もともとは赤ちゃんの夜泣き対策として開発されたものなので味や安全性は100%お墨つき。

 

 

夜泣きがひどい赤ちゃんや、夜泣きがクセになる前の赤ちゃんにぴったりで、日頃の育児にお疲れのママからも赤ちゃんと一緒に飲むことで二人とも気持ちが落ち着いてきたという声が多く聞かれるハーブティーです。

 

 

今だけ限定でお得に購入できて返金保証もついています。

 

詳しくは今すぐこちらをチェック👇

 (スポンサードリンク)すやねむカモミール

 

赤ちゃんにすごくおすすめではありますが、けっしてガバガバと大量に飲ませないでくださいね💦

 

 

こちらのハーブティーを楽しみつつ恩恵も実感するために私が推奨するのは、一日一度ママと一緒にハーブティーを飲んだり、夜泣き対策として飲ませる場合はお風呂上がりか寝る前に水分補給の足しとしてリラックスさせてあげる時間を作ること。

 

 

ママと赤ちゃんが一緒にハーブティーを楽しみながら、育児ライフにまた1つハッピーが増えるといいですね♪

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました😄