子ども英語

幼児が楽しみながら虹の色を英語で覚えられる!我が家のおすすめの歌とは

こんにちは、はっぴぃ♡です😄

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡

お子さんとのおうち英語、毎日少しずつ継続できていますか?

もしもまだの方は、私と一緒に少しずつ、毎日の子育てにおうち英語を取り入れませんか?^^

 

先日ツイッターを眺めていたら、あるフォロワーさんの投稿で、スイスのご自宅の窓から撮ったというすごく大きくてはっきりとキレイな虹の写真を目にしました♪🌈

 

 

そういえば💡

我が家で子どもが2歳のときに大好きだった虹のお歌がありました。

 

 

それを毎日歌っている間に、比較的すぐに虹の色と順番を英語で覚えることができたので、今日はそれをみなさんにシェアしたいと思います!🙌

 

 

この記事でわかること💡
  • 日本とアメリカの一般的な ”虹の色” を英語で知ろう
  • 我が家で子どもが2歳のときに英語で虹の “順番” と “色” を楽しみながら覚えた子ども向けのお歌はコレだ!
  • 虹が出たら…こんな英語で語りかけをやってみよう♪

 

スポンサードリンク

虹は日本では7色、アメリカでは一般的には?

虹の色は日本ではほぼ7色と決まっていますが、世界ではそれが標準ではありません。

 

 

ウィキペディアによると、

地上に届く太陽光のスペクトルは連続しており虹の色に明確な境界があるわけではない。虹の色を何色とみるかは国によって異なる。

日本では一般に 赤・ 橙・ 黄・ 緑・ 青・ 藍・ 紫の7色とする。アメリカ合衆国では一般的に6色とされることが多い(赤・橙・黄・緑・青・紫)。また、ドイツでは5色とされることも多い。

 

と、なっています。

 

 

そう、アメリカでは一般的に虹は6色なんです!^^

 

 

国によっては、虹の色を10色以上と認識するところや3色と考えるところもあるらしいので、「虹の色に正解はない。」と言えそうですね。

 

 

お子さんと虹の色についてお話をするときは、日本またはアメリカの虹の色、7色か6色で良いと思います。

 

 

日本とアメリカの虹の色を比べると…

 <日本 7色>

🌈赤、橙、黄、緑、青、藍、紫

🌈red, orange, yellow, green, blue, indigo, violet (purple)

 

<アメリカ 6色>

🌈赤、橙、黄、緑、青、紫

🌈red, orange, yellow, green, blue, violet (purple)

 

アメリカでは、日本の7色から「藍」色が抜けた6色を虹の色と認識しています。

 

 

英語の方を見ていただくとわかりますが、「紫」は、虹の紫は一般的にはvioletと言います。

 

 

私たちがよく知っている purple の紫とは少し違うんですが、小さいお子さんとのおうち英語のときには、全く気にしなくて良いと思います^^

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
我が家は、次にご紹介する英語の子ども向けのお歌にもある purple でやってるよ♪

 

これで順番もバッチリ!虹の色を英語の歌で覚えよう!

 

私が子どもに初めて家の中の窓から虹を見せたときは、たぶん1歳後半くらいでした🌈

 

 

「雨が降ったあとに、お空にこ~んなきれいな虹ができることがあるんだよ~」とか説明した記憶はありますが、たぶん、全然理解していなかったと思います😅

 

 

でもそのあとすぐ、初めて見せた虹の英語の動画(アメリカ仕様なので6色バージョン)が大好評で、それから何度も見せたり一緒に歌ったりしているうちに、自然と6色バージョンの虹の色や順番を覚えてくれました🙌

 

Rainbow song / Mickey Mouse Club House

その動画が、こちら👇

 

 

これは、「Mickey Mouse Club House」というディズニーアニメの中に出てくるものです。

 

 

おなじみのキャラクターと、歌もとても短くて覚えやすいメロディなので、小さいお子さんにはピッタリだと思います♪

 

歌詞(英語&日本語)

歌詞も、むずかしくありません。

 

 

こちらをご参考にどうぞ^^👇

 

Red, orange, yellow, green, blue

赤、橙、黄、緑、青

Don’t forget, there’s purple, too!

忘れないで、紫もあるよ!

Rainbow colors for me and you.

私とあなたの虹の色だよ。

 

 

いかがでしょうか?^^

 

絵本やテレビ、何かの絵で虹が出てきたときや、実際にお空に虹が出たときにこの動画を見せてあげると、グッとお子さんの英語の理解度が高まると思います👍

 

【英語で語りかけ】虹が出たらやってみよう

ここでは、虹が出たときにお子さんに(と)使える英語の語りかけフレーズをご紹介します♪

 

0歳や1歳の赤ちゃんには主にママからの語りかけで、実際の虹と虹に関する英語フレーズをつなげてあげましょう。

 

 

2歳や3歳になってきて会話のキャッチボールができるようになってくると、簡単な質問を少しずつ取り入れていくことで、お子さんが英語を発話するチャンスも多くなりますよ♪

 

 

はっぴぃ♡
はっぴぃ♡
お子さんが英語を話せるように促してあげることも、大事なことだね!

 

<語りかけ例>

 

・〇〇chan, look out the window.  There’s a rainbow over there!

〇〇ちゃん、窓の外を見てごらん。あそこに虹があるよ!

 

・Can you see the rainbow?

虹、見える?

 

・Yes, I can see that./No, I can’t.   Where is it?

うん、見える!/見えないよ~、どこ?

 

・Above that big tree.

あの大きな木の上だよ。

 

・Wow….  It’s really beautiful, isn’t it?

わぁ~…すごくきれいだよね?

 

・What colors do you see? Red? Blue?

何色が見える? 赤かな? 青かな?

 

・Sometimes rainbows appear after it rains.

ときどき雨のあとには虹が出るんだよ。

 

・I want to ride on the rainbow!

あの虹の上に乗りたいな!

 

つんたん
つんたん
I like rainbows♪

 

まとめ

今回は、小さなお子さんとのおうち英語に虹を取り入れる場合に絞って、押さえておきたいポイントや私のおすすめをご紹介しました^^

 

 

最後に…お知らせです^^

お知らせ

おうち英語は、何よりも“継続”が大事だと私は考えています。

1人ではなかなか続けることは難しいですよね💦

0~3歳のお子さんとお持ちのママ、毎日の継続は絶対に大切ですが、ゆる~くでいいんです💡

私と一緒におうち英語をゆる~くやりませんか?^^

 

LINE公式アカウント(←クリックで飛べます)にご登録いただくと、月に2~4回、おうち英語を続けるためのヒントや、お得情報を受け取ることができます。

現在、お友だち登録していただいた方に、PDF「乳幼児の英語教育における “ママ” の魔法♥とは(おうち英語で “ママが” できることは何か・ “ママにしか” できないことは何か。)」無料でプレゼントしています。

この機会に、ぜひ♪

 

今回、歯磨きタイムで使える英語の語りかけフレーズをご紹介しましたが、まだそこまでおうち英語を活用する自信のないママや少し英語が苦手なママのために、有料(500円)ではありますが、【今日から毎日使える!】0~2歳ママ向け “英語でかたりかけ” フレーズ基本の50 (←クリックで飛べます)をnoteにて販売しています。

 

本当に今日から毎日でも使える英語で語りかけのフレーズ50個に加え、効果的に語りかけをするための秘密のアドバイスや、知って嬉しい英語のワンポイント解説などなど、盛りだくさんの内容となっています。

 

これからおうち英語をがんばりたい!というママのために、500円以上の価値があるものを提供できていると確信しています。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね^^

 

最後まで読んでくださりありがとうございました^^

引き続き、“継続”目指してがんばりましょう~♪